敏感肌を優しく守る化粧品|原因を追求しよう!

レディー

肌のトラブルの原因とは

笑顔の女の人

皮膚のバリア機能の低下

乾燥敏感肌は何らかの原因で皮膚のバリア機能が低下したために起こる症状です。化粧水がしみたり痒くなったり肌が赤くなったりします。ひどくなると皮膚に炎症が起きたりします。これを改善するには肌のバリア機能について知っておくことも大切です。健康な肌は皮脂や細胞間脂質などによって水分を保っています。また肌にはNMFという水分を繋ぎ止める機能のある天然保湿因子もあります。皮脂や細胞間脂質が少なくなったりNMFがうまく機能しなくなると肌の水分が少なくなり十分に保湿できなくなるのです。また角質にある免疫力も低下して細菌などから肌を守ることができなくなってしまいます。さらに角質免疫力が低下すると皮膚の内側からも水分が逃げやすくなってしまいます。

肌にあった保湿成分を選ぶ

乾燥敏感肌に影響を与える外部からの刺激は紫外線や大気汚染、花粉などがあります。また汗や肌質に合わない化粧品も乾燥敏感肌には大敵です。乾燥敏感肌を改善するには状態をよく知った上でそれに合う保湿成分を選びそれが配合されている化粧品を使うことが大切です。保湿成分は二つの効果があり水分を保ち補う効果と水分の蒸発を防ぐ効果のものがあります。保水効果のある成分はアミノ酸、尿素、グリセリンなどがあります。蒸発を防ぐ成分はセラミド、スクワラン、ワセリンなどです。また効果的な保湿成分の配合された化粧品を使うだけでなく洗顔も大切です。間違った洗顔は肌の潤いを守るNMF保湿因子を洗い流してしまいます。よく泡立てた石鹸で肌を刺激しないように優しく洗いましょう。熱いお湯は避けてぬるま湯を使うことも大切です。洗ったあとはすぐに化粧水で保湿をしましょう。

自宅でできるピーリング

石鹸

ピーリング石鹸はエステやクリニックで行われているケミカルピーリングのような効果が得られる石鹸です。配合された酸の力で古くなった角質を溶かし、ターンオーバーを正常化することで健康で美しいお肌を取り戻します。

Read

敏感な肌はケアできる

女性

敏感肌はヒアルロン酸を配合している化粧品を使うと良いです。非常に保水力の高い成分で、効果的に潤いを与えられます。化粧品の中には高濃度の成分を配合しているものもあるので、肌の弱い方は利用する際刺激に注意しておきましょう。

Read

肌ケアの仕方

化粧品

ビタミンcはスキンケアに有効ですが、直接的に利用することは困難です。ビタミンc誘導体は、ビタミンcの機能を維持しながら安定的に利用できるように開発された化合物です。シミやシワ、ニキビ等の総合的な美肌対策に効果的です。

Read